困っている女性たち

膣トリコモナスにはフラジールという治療薬

心配する女性

フラジールは、膣トリコモナスを始めとした感染症の治療に使われている薬です。
この薬はニトロイミダゾール系の抗原虫薬・抗菌薬で、膣トリコモナスを引き起こす病原微生物を殺菌する効果があります。

フラジールの主成分はメトロニダゾールです。
メトロニダゾールは、病原微生物が持っている酵素の働きによってフリーラジカルを産出するので、これが病原微生物のDNAを破壊することによって抗菌効果を示すとされています。
フラジールは、膣トリコモナスの治療薬として古くから使われてきた薬で、内服薬のほか膣に直接使用する膣剤タイプの製品もあります。

膣トリコモナスを内服タイプのフラジールによって治療する場合には、10日間ほど服用を続ける必要があります。
1回に飲む量は通常メトロニダゾールとして250ミリグラムで、これを1日2回服用することになります。
フラジールの内服薬は円形の錠剤になっていて、色は容量によって異なっている場合があります。

また、膣錠タイプのものは水に溶けて発砲することが特徴となっています。
膣錠タイプのものであれば、1日1回250ミリグラムのものを10日~2週間ほど膣内に挿入して使用します。
膣トリコモナスは再発することも多い病気なので、決められた期間はしっかりと用量を守って使用するようにしてください。

フラジールには副作用はあまりありませんが、人によっては胃部不快感や吐き気、食欲不振などの症状が出ることがあります。
発疹や発赤などの皮膚症状が出る人もいます。
過去に薬によるアレルギーの症状が出たことのある人は、使用する際に注意しなくてはいけません。

また、使用する際には薬の飲み合わせや食べ合わせにも注意が必要です。
いくつかの薬では、併用した際にフラジールの血中濃度が上がって副作用が強く出ることが報告されています。
フラジールを服用する場合には、アルコールの摂取も控えてください。
アルコールといっしょに飲むと、悪心や吐き気、頭痛などの症状が出ることがあります。

フラジールを購入する方法

抗原虫薬のフラジールを購入する場合には、病院で処方箋を書いてもらい薬局で購入するという方法と、通販を利用する方法があります。
通販でこの薬を購入する場合には、主にインターネット上で個人輸入を取り扱っているサイトを利用することになります。

個人輸入というのは、輸入代行業者を通して薬を海外から購入するという方法です。
このやり方であれば、薬局で薬を買う場合と違って病院で処方箋を書いてもらう必要がありません。
そのため、誰でもフラジールを購入することが可能です。

個人輸入を行っているサイトでは、通常の通販サイトと同じように好きな薬を購入することができます。
フラジールの製品としては、内服薬タイプのものと膣錠タイプのものがあります。
内服薬には、有効成分であるメトロニダゾールが200ミリグラム含まれているものや400ミリグラム含まれているものなど、いくつかの種類があるので自分に適したものを選ぶようにしましょう。

個人輸入を利用する際の注意点として、偽物が多く販売されているということがあります。
大手の個人輸入サイトであれば偽物が販売されていることはほとんどありません。
しかし、なかには偽物を取り扱っている中小のサイトもあるので、注意するようにしてください。

個人輸入サイトで薬を購入する場合、それぞれの治療薬の値段はサイトごとに異なっています。
薬にはおおよその価格の相場があるため、あまりに高すぎる場合や安すぎる場合は注意したほうが良いでしょう。
個人輸入を利用する場合には、コメント欄なども参考にして信用できるサイトを選ぶようにしてください。

フラジールを個人輸入で購入した場合、注文してから自宅に届くまでにかかる期間は、通常1週間から数週間ほどです。
支払いの方法としては、クレジットカード払いや銀行振り込みなどを利用することができます。

関連記事